初心者クラスは必要だった。

コロナ前までCHECKMAT TOKYOには初心者クラスがありませんでした。

昔はやっていたのですが、無くした理由があります。

初心者クラスは初心者のグループができてしまい、上のクラスに行かなくなってしまうのです。

もう色帯のクラスに出てもいいですよ。と言ってもなかなか行きづらくなってしまうのですね。

また、色帯の中で練習することでのメリットもありました。

色帯が初心者を教えることで技の理解度を深められる。

チームワークを深められる。など。

しかし、コロナ禍で人数制限をした際に初心者クラスを追加した結果、分かったことがあります。

皆さん、ほとんど技を覚えていない!!

やはり初心者に特化したクラスをやるべきだったのです。

課題はあります。

初心者クラスは、わかりやすく、丁寧に教えることができますし、初級の技は多くないので繰り返し教えることもできます。あった方がいいに決まっています。

しかし、課題は先ほども言ったように上のクラスに参加してくれるかということともう一つ。

初心者クラスはスパーリングができないということです。

シチュエーションスパーリングなどはできても白帯同士のスパーリングは危険です。

色帯とのスパーリングをどうやっていくかですね。

コロナが収束するまで時間がありそうなので考えてみます。

より習いやすく

課題も残りますが初心者クラスがあった方が良いということがわかりました。

今後も初心者の方がより習いやすい環境づくりをしていきます。

よろしくお願いします。