CHECKMAT TOKYOでは濃厚接触であるブラジリアン柔術の練習を今は行わず、接触を避けた筋トレ中心の練習をしています。

私は柔術の練習とフィジカルトレーニングは別に行うものだと思っています。

練習では

テクニックの練習は力を使ってしまうとうまくなりません。

例えばスイープ。

スイープは力を使わずに何の抵抗もなく返せる方向があるはずです。

それを微調整し、見つけていくためには力を使ってはいけません。

力を使うとどの方向でも返せてしまいますが大きい人とスパーリングすると全く返せなくなってしまいます。

力を使わないことは大切です。

スパーリングでは

またスパーリングで体力や持久力を一緒に付けようとするのは大きな間違えです。

使わなくて良いところで力を使ってしまいますし、いらないスピードを使ってしまいます。

テクニックは元から力を使わないようにできていますし、力が入っているとタイミングを逃してしまうことが多くあります。

力を使わずにゲームを楽しむつもりでやるべきだと思います。

今がチャンス

しかし、いくら技術やタイミングが優れていてもフィジカルが弱いと負けることも多くなります。

固められたり、先に技を作られたり、またはディフェンスの時に逃げ出すのにフィジカルも必要です。

テクニックやタイミング重視の練習中心のCHECKMAT TOKYOの選手が負けるときにはフィジカル負けが多くありました。

柔術ができない今、フィジカルをアップさせるチャンスです。

そして柔術ができるようになっても続けていこうと思っています。

会員の皆さんはフィジカルトレーニングに抵抗があるのだと思っていましたがそんなこともないようです。

CHECKMATのテクニックにフィジカルが加われば今まで以上の成果が期待できます。

今がチャンスです。