柔術は他の格闘技に比べて、ポイントがはっきりしているのであいまいな判定は少ない。

しかし、どっちが勝ったのかわからない試合はある。

ポイントでは勝ちは明白なのだが、明らかに攻めていたのは負けた選手だったとかである。

レオジーニョは

マスターレオジーニョはそんな試合が多い。

アドバンテージ差で負けたけど、試合後にレオコールが起こったことがある。

私もその場にいたがなぜレオが負けたのかわからなかった。

ポイントやアドバンテージ差で逃げ切る選手は面白くない。

逃げ切るテクニックは簡単ではないから強い選手なのだろうけど、人気はない。

こういう選手は得意技に長けている選手に多い。

 

動き続得る

今は50/50やラペラを使ったテクニックなど。膠着を誘うテクニックが多い。

ポイントを取って逃げ切るのも柔術だが最後まで動き続ける、CHECKMATの柔術が好きだ。