モダン柔術が流行って、帯の位置が変わったと思う。

何を言っているのかというと、昔の選手の道着の着こなしは帯を緩く撒いて腰で履くようにしていた。

レオジーニョやテレレのチェックしてみればわかりやすいと思う。

モダン柔術の選手は

それに比べてモダンの選手たちは帯をきつく巻く。

帯をつかんで技をかけることの多いモダンではつかみにくいようにきつく巻くのだろう。

必然的に昔の選手より高い位置で帯を巻くことが多くなっている。

また、昔は緩く巻くので帯が取れて中断していたが最近はあまり見なくなった。代わりにお尻丸出しが多くなった気がする。

ここに見出しテキストを追加

道着の形も随分細くなったように思う。

時代の流れと言ってみればそれまでだが。

私はレオやテレレの着こなしが好きだし、かっこよく見える。