IBJJFのノーギの試合はヒールホールドも解禁になり、ますますギと違うものになっている。

専門でないと勝てないようになってきているのではないかと思う。

専門性が必要になってくるのではないかな。

柔道とレスリング両方でチャンピオンになるのは難しいように。

また、ヒールホールドが解禁されたことによってモダン柔術の攻防も変わってくるだろうし、足関節しかやらないような人も出てくるだろう。

上になる選手は足関節を警戒するので足をとられないようなパスガードをするようになるだろうから距離が遠くなるかもしれない。

闘い方が全くギとは変わってしまうような気がする。

また、MMAの選手なんかが活躍し始めるのではないかと思う。

今後は全く違う競技になっていくのではないかな!!

#

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial