ABADÁ CAPOEIRA

アバダーカポエイラについて

アバダ・カポエイラはカポエイラ・ヘジオナウの創始者の直弟子である、故メストレ・カミーザ・ホーシャとメストレ・カミーザの兄弟によってリオデジャネイロで創始されました。

現在では世界最大規模の団体となり、その支部は世界で74か国にあるとされています。

アバダ・カポエイラはカポエイラの歴史を研究し、ルーツを保持していく事をとても重要と考えると同時に、

・カポエイラの社会的役割(環境問題、人種差別問題等のイベントへの参加)

・学校教育における可能性

・ブラジル文化の普及

など、その無限大の可能性を開拓してく取り組みを常に続けています。

CHECKMAT TOKYOのカポエイラクラス

理論に基づいた練習プログラムでまずはカポエイラの基礎の技を習得していきながら、

全ての基盤となる体力づくり・筋力づくりを同時にしていきます。

そして徐々に発展した内容に進みながらより難しくて楽しい技を身に付けていくようにします。

機械があればそのうち、ポルトガル語の簡単なレッスンや、カポエイラの文化的側面や付随するブラジル文化の紹介などもしていこうと思います。

「力強い自分になりたい」

「もう一人の自分に出会いたい」

そう少しでも思っている人はぜひチェックマットのアバダ・カポエイラのレッスンを受講して下さい。

ABADÁでカポエイラを始めよう