出来なかった事が…。

今まで色々と運動をしてきて、得意なものもあれば苦手なものも沢山ある。その中のひとつに「懸垂」があった。苦手意識が強くずーっと避けてきたのもあるが、50年生きてきて一回もできなかった。ところが、最近の筋トレメニューに「懸垂」が加わり避けていられなくなる状況に。まあ出来なくても仕方の無い事だくらいでチャレンジ。…本当にできない。惜しいとかではなく、1ミリも上がらない。自分のカラダの重さと筋力の無さがダイレクトに伝わった。ただ、悔しいとかその手の感情はなく自分には出来ないものと、諦めていた。

それでもトレーニングは毎回続くわけで、両手でバーをつかめば全力で自分を持ち上げようとする。と、少しあがり、もうちょい。。1回も出来なかったけれど、今までより少し前進できたことがやる気につながり始めた。これが2月のはじめ頃かな。

そしてそれから2〜3日後の懸垂で1回出来た! たかが1回。「0→1回」だけれど「出来ない→出来た」は、僕のなかでは大きい出来事だった。いままではバーとそれをつかむ両腕を見上げることしか出来なかった状態から、バーと両腕を顔の位置まで引き寄せ、目の前は今までより高い位置。景色が変わった瞬間であった。

それから一ヵ月と少し。今も懸垂のトレーニングは続いている。そして今では5~6回は出来るようになり、先日は自己最高記録の7回! 一ヵ月前の自分からは想像も出来ない記録。出来なかった事が出来るようになる、この経験はいくつになっても本当に嬉しいものだ。楽しいしやる気も出てくる。こんな気持ちになれるならもっと色々とチャレンジしていきたいと思う。まだまだ苦手なものが山ほどあるからやりがいもあるし、何度でも喜べるだろう。根性とかは無いけれど、やる気を人並みには保っていければ、諦めさえしなかれば、その後にはきっと喜びが待っているはず。
ちなみに今月中には10回を目指し、最終的には15回! 体重を減らせばイケると思う。