カッコいい

先日、先生のブログを読んでいて「プロの格闘家vsヤンキー」の話が出てきたので早速Youtubeで視聴してみた。格闘家が街へ繰り出し不良っぽい風情の一般人に声をかけ、決められたリングでスパーリングをするという企画。もちろんルールはきちんとある。

結果は格闘家の勝利。それまでかなり威勢がよく、いわゆる「オラオラ系」で強面な面子が次々と瞬殺されていく。レベルが圧倒的に違う。そりゃそうだ。そこは大凡想像はついていたけれど、まあ、それなりには楽しめる映像にはなっている。ただ僕が観ていて感じた事は、その後だった。

あれだけ強がって食ってかかっていったのにほとんど手も足も出ずに惨敗。無様な負け方をしたにもかかわらず、スパーリング後にはきちんと挨拶をする。自分の負けを素直に認め、笑顔で挨拶を交わす。真剣勝負でぶつかった者同士が分かち合える心境からなのだろう。なんとも潔いシーンでちょっと感動すらする。そして両者ともかっこいい。格闘技にはそんな不思議な力があるのかもしれない。

そして道場にはそんなカッコいい人達だらけである。カッコいい男になるために、僕は道場へ通い続けている。赤いマットの上で男磨き★