あの時、違う道を歩んでいたら今どうなっていただろう?

そんなことを時々思う。

年を取ったせいかな?

そのひとつ。

私はブラジルで修業したが、ブラジルに行く一年前にアメリカに行っている。

そこではUSA修斗の中村頼永さんに大変お世話になった。

その中村さんに紹介いただいたマシャード柔術に2週間程度お世話になった。

修業前の下見だった。

ブラジルのグレイシーバッハから若い黒帯も来ていたし、環境も良かった。

しかし、どうせブラジルに行きたくなるからと結局はブラジルに修業することにした。

あの時、もしアメリカに修業に行っていたらどうなっていただろう?

想像すると面白い。

もともとはMMAのために修業に行ったので1,2年の修業の後、修斗に復帰したかもしれないし、グレイシーバッハに行っていたかもしれない。

もしそうなっていたら今の生活はないわけで今周りにいる方たちには出会わなかったわけだ。

違う人生にも興味があるし、今の人生がなくなるのも寂しい。

生まれて46年間で人生を変える選択を多くしてきた。

合っていたのか間違っていたのか、今となってはわからないがひとつ言えることは柔術と出会えてよかったということ。