CHECKMATは他の柔術よりフェイントやカウンターが多い。

マスターレオジーニョやヒカウジーニョの動きを見てもらえばわかると思うが彼らは止まらない。動き続けている。

止まらないということは何らかの技術があるわけだ。

技術とともに駆け引きをしている。その駆け引きにフェイントやカウンターが入っているわけだ。

しかし、このフェイントやカウンターは相手の動きがわからないとできない。

また、一瞬が勝負なので

あれ!なんだっけ?

なんて思っているとタイミングを逃してしまう。

フェイントやカウンターと聞くと素早く動かなくてはいけないと思うだろうが、ボクシングや打撃系の格闘技に比べれば寝技なのでそれほどでもない。

またフェイントやカウンターの良いところは力がぶつからないから力が必要ないということ

そしてゲーム性が強いから楽しいということ

CHECKMATでしかできない柔術がある。