Checkmat Tokyoのインストラクターはブラジリアン柔術、カポエイラ共にブラジルで修業していました。

ですから本場のものを教えることができるのです。

例えば日本で修業したインストラクターとの違いは何なのでしょう?

まず違うのは考え方。

ブラジル人の発想や考え方は日本人とは明らかに違います。

テクニックはマネできてもそのテクニックがどのような発想や考え方でできているのかがわからないと本当の意味で理解ではできませんし、そこから発展させることができません。

つまりまねではなく本質を教えることができるのです。

そしてリズム。

ブラジル人はラテン系の独特のリズム感を持っています。

これはブラジル人と練習しなければ得ることができません。

同じ打撃格闘技でもカポエイラと空手では違いますよね。

日本人のリズムでブラジルの格闘技をやってしっては柔道や空手になってしまうのです。

またCheckmat Tokyoのブラジリアン柔術は世界チャンピオンを多数輩出し、世界に300以上の支部を持つCheckmat、カポエイラは世界最大のカポエイラ団体Abadáのそれぞれ支部になっています。

世界有数の団体で本場のブラジリアン柔術、カポエイラを習うことができます。

お問い合わせはこちらから