昔はJFTというチームも作っていたし、他のブラジリアン柔術のアカデミーといろいろ付き合いがあったがここ数年はほとんど付き合いがない。

CHECKMAT JAPAN とは同じチームなのでもちろん付き合いはあるし、マックス柔術のマックスさんと福住柔術の福住さんとは気が合うのでちょくちょく連絡はしているが。

CHECKMATの傘下に入ってから特に交流は少なくなった。

レオジーニョがそういう方針なわけではないが、外に目を向けるより、内側に目を向けるようになったからだと思う。

コロナ過でますます付き合いがなくなった。

ほとんど孤立状態。

でもそれが本来の柔術アカデミーだと思う。

試合以外で他の道場とかかわる必要はないと思う。

戦う以上仲間ではない。

仲間は世界中のCheckmatなわけだし。

付き合いがないことで独自の経営や指導といった差別化が進むかもしれない。

 

PexelsJeswin Thomasによる写真