私がブラジルで修業を始めた当時、周りは白帯や青帯が多く、みんなガッチガチだった。

修斗のプロ経験があったので負けはしなかったが、ブラジル人はみな力が強く、私もガッチガチのスパーリングをしていた。

ある日、レオジーニョとスパーリングをするチャンスを得た。全く力を感じず、ふわふわ感にびっくりした。

もっと驚いたのはその後のスパーリングが変わったこと。なんとなくだがレオのような動きに変わったこと。

これはいくらレオのスパーリングや試合を見ても学べないものだと思う。

百聞は一見に如かず

とはいうけれど

これは

百回見ても一回のスパーリングにはかなわないということだ。

私も会員さんとスパーリングするときはレオの柔術を伝えるように動いている。

だからわざと技をかけさせるような手加減はしない。

柔術を体で覚えてもらうために

youtubeなどでは技は覚えられても本質は伝わらない。