おじさんが柔術を始めた理由(ワケ)

僕が柔術を始めたのは、今から5年前、おじさん真っ只中の46歳の時。ダイエットや運動不足解消の為に始めたわけだが。。。「なぜ今更?」「どうせ続かないでしょ」「無理無理」。当時は色々と言われた。し、僕も多少はそう感じていた。でも、やってみなくてはわからないし、ということで始めたワケだが、今じゃどっぷり、というかなくてはならないモノに変わっていった。

まわりもいつしか「おじさんなのに元気」「おじさんのわりに動ける」「おじさんのくせに強そう」なんて言われる事が増えてきて、僕を見る目が変わっていった。老いていく事にどこかで諦めを感じていた自身の心境にも大きく影響し、おじさんというポジションでも楽しめる生活へと変わって行った。

おじさんだから出来ないのではなく、おじさんだからやる、ということが面白い。おじさんだからこそ楽しめる、といことを沢山発見出来たのだ。

コロナ禍でまともに練習が出来なかったこの一年。本当にやる事がなくなった。やらなくてはならない事は当然ある。仕事や家族の事。でもやりたい事は全くなくなってしまった。今はただのおじさん中。でもまた近々、おじさんのくせに、首を絞めたり絞められたり、年甲斐もなくはしゃぎに出かけたいと思う。