今回は前回の続きのおすすめプロテインの残り2つです。

どちらも海外製ですので抵抗がある人がいるかもしれません。

評価は「とても安い、とてもおいしい、品質は普通」といった感じです。

前回のエクスプロージョンと同様にビタミン・ミネラルは添加されていません。

購入手段はネットです。後で私がよく使うサイトを後で紹介しますが、アプリがあるので簡単に注文出来ます。

①ニトロテック(ナイトロテック)
Nitro Techと表記します。これをニトロテックと読むかナイトロテックと読むかの違いです。

マッスルテック社のホエイプロテインでWPIです。

私のお勧めは10ポンド(4.54kg)の大容量のものです。円相場によって変わってきますが、大体9,300円くらいです。

1kgあたり約2,000円です。

WPIなんですが、たんぱく含有率は約65%と決して高くありませんが、後日紹介する「クレアチン」が入っているからです。


大容量はミルクチョコレートが最高においしいです。

人によってはクドク感じる方がいるかもしれませんが。

②ニトロテック(ナイトロテック)100%ホエイゴールド上で紹介している商品とは違うWPIのホエイプロテインです。

このプロテインの特徴はペプチド(アミノ酸)が入っていることです。ペプチドはたんぱく質が分解されてより吸収が早くなっているものです。

私のお勧めは8ポンド(3.63kg)。

大体8,400円くらいになると思います。

1kgあたり約2,300円です。

たんぱく含有率は約73%とこちらもそれほど高くありません。

ダブルリッチチョコレートをよく飲みますがとてもおいしいです。

どちらも小さいサイズもあり、味も数種類あります。日本にはあまり見かけないような味もありますので色々楽しめます。

これらを扱う代理店が日本にあります。が、当然高くなります。ですが、日本で発売するには厚生労働省の食品基準を満たす必要がありますので品質は保証されているというメリットはあります。

海外では問題なく販売されている商品でも、日本の基準に照らすと基準を満たしていない、日本では認められていない成分が入っているということがあります。

認められていない成分が入っていない商品だけを輸入している、もしくはその成分を抜いて日本仕様として製造している商品だと思います。

それと日本で販売するにあたり食品分析をしていると思いますが、かなりパッケージの表示と違うことがあります。

以前書いたケンタイのプロテインバーの「プロアミノバー」は2種類発売されました。

このプロテインバーはアメリカでは5種類くらい発売していたのですが、日本の基準を満たすフレーバーは2種類しかありませんでした。「ピーナツバター」と「ファッジチョコレート」です。

これらのパッケージには「プロテイン20g、脂質5g」と記載がありましたが日本で食品分析してみるとピーナツバターはプロテイン25g、脂質10g。ファッジチョコレートはプロテイン22g、脂質7gといった具合でした。

マッスルテックがどうかは分かりませんが、興味のある方は日本の代理店のサイトを覗いてみてください。

私が普段使っているサイトはこちらです。

iHerb.com – ビタミン・サプリメント & 天然健康製品

日本専用サイトですので、私のように英語が苦手でもくじけることなく注文出来ます。

個人輸入になるので注文してから到着まで1週間くらいかかります。

それと一回の注文が多すぎる。もしくは購入金額が高くなると、別途関税がかかりますので注意が必要です。

また定期的に割引セールがあります。

最近だと「バレンタイン」や「国際女性デー」で10数パーセント割引やスポーツサプリ20%割引などがありますので、そのタイミングで注文するのをお勧めします。

ただし円相場によって数百円~数千円変わってきます。ここ数日円安が続いていますのでその様子を見極めて注文しましょう。

それとiHerbには、新規をユーザー紹介するとお互いに5%オフになるとか、既存ユーザーの紹介コードを入力して注文すると割引になって、その既存ユーザーには次回注文時に割引になる額が加算されていくなんてどっちもお得なものもあります。

道場内で共有するとみんなが得をすると思います。