久しぶりに柔術を教えています。

 

さすがに忘れていることも多いし

ここ2年で進化している柔術を

研究するのは大変です。

シンプルで合理的

しかし、レオジーニョに習った

技が今、生かされています。

 

レオの教え方は非常にシンプル

で合理的です。

 

YouTubeなどで見るテクニック

はこうやって

こうして

こうなるから

こう。

 

みたいな、段階を踏んで

教えていることが多いですが

レオのテクニックは

こうしてこう

くらいで終わります。

 

そして合理的で流れの中で

使うので忘れていた技でも

すぐに思い出すことができます。

 

コロナ前に覚えたモダン柔術は

全く思い出せません。

 

それだけ複雑で難しいこと

がわかります。

 

CHECKMATスタイルが生きる

また、最近はモダン柔術家を

パスする選手が増えています。

 

彼らは合理的で動きが良く

CHECKMATの柔術に似ている

選手が多いので研究

しやすいです。

 

ここでもレオに習ったことが

生かされているのですが

技が理解できること、どんな

場面で使えばいいかわかること

そしてCHECKMATのスタイルに

合っているか判断できること

などがすぐにわかります。

 

モダン柔術も研究しなければ

なりませんがこういった

対モダン柔術の方が

CHECKMATスタイルには

あっているので研究し甲斐

があります。

 

モダン柔術全盛の時代でしたが

軌道修正して本来の柔術の戻り

つつあるような気がします。

 

これからはCHECKMATスタイル

が生きてくる時代だと思います。

 

面白くなってきました。

#

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial