朝食

朝食は好きだ。一日の中で一番の空腹の時。お腹が空いて目が覚めるくらいだ。そして僕は断然ごはん派。わが家は2対1で肩身が狭いが。炊きたてのごはんとみそ汁。あとは漬け物でもあればそれで充分。結構シンプルな一膳だけれど、これがないとなぜか目が覚めない。パンにした時もあるけれど、なんか頭は働かないし、動きも鈍くなる。欠かす事のできない朝ごはん。だいたい朝ごはんが食べれない時は体調を崩した時か二日酔い。基本、朝ごはんは一日のスタート。きちんととらないと一日使い物にならない。

今でこそこんなことを言っているけれど、数年前の道場に入るまで、実は朝食をほとんど摂らなかかった。食事の時間が不規則で夜はとくにドカ食いをしていたので、目覚めは空腹感よりも胃もたれ、胸やけで毎朝迎えていたからだ。朝ごはんをきちんと摂るようになったのは、規則正しい生活を送るようになってから。昼クラスや夜クラスがあるから、その前後にはきちんと食事をとる。ドカ食いなんかしていると運動する気がおきなくなるので、普通の量で。その結果、ある程度規則正しいリズムが生まれ朝はきちんと食事をとることが出来るようになった。

今では朝ごはんは一日の中で一番重要な食事である。そしてそのご飯を美味しくいただくためには、適度にカラダを動かす。今夜も練習で思う存分カラダを動かし、睡眠を充分にとったら明日の朝食は、また美味しくいただけるであろう。