いよいよ柔術の練習が始まった。準備運動から筋トレ、カラダがいい具合に暖まってきた時に道着に着替えて。足まわしや受け身。マットと道着が擦れる音が聞こえるエビ。道場の天井を見ながら「始まったんだなぁ」と実感。受け身を終えた後の軽く息切れがする感じが懐かしい。

休憩を挟み先生が動きの説明に入る。額から汗が滲み出て、呼吸を整えながらまわりで聞く。一年前まで当たり前だった光景が今では、新鮮にさえ感じる。

2人組になり、パスやタックルの練習。受け側の時は相手の回数をカウントする。「1.2.3.…ラスト」。フルフェイスマスクの中では熱気がムンムン。当たり前だと思っていた光景。……楽しい! 筋トレももちろん楽しかったけれど、また別の楽しさがあり、やはり僕は柔術の練習が好きだ。これにテクニックが出来ればなお楽しい。スパーが出来ればもっと楽しい。試合に出場できたらさらに楽しい。勝利できたら最高に楽しい。

まだまだこれから楽しみがたくさん待ち受けている未来にワクワクせずにはいられない。