筋肉があると柔術は強くなるのか?

同じ技術を持っているなら筋肉(ここでいうのはパワー)があった方が強いと思います。

なぜなら、まず技にかからない。

例えばタックルに入っても倒れない、切れるパワーがあれば相手の技はかかりません。

次に相手の動きを止めることができます。

動きを止めてしまえば相手の技は食らいません。柔術は組技ですからくっついていることが多いので、固める場面は多くあります。

そして自分の技がかけやすくなります。

多少、ずれていてもパワーで何とかなります。

こう考えていくとパワーがあった方が有利です。

しかし、あくまで同じ技術があった場合です。

技術が足りないのに力に頼ってはいけません。

技術があってこその力ということを忘れてはいけません。

また、逆に相手が力が強いなら強い人に使える技術を身に付けることも大切です。

力で潰されるならタイミングやフェイントで相手を崩してから技に入ることが重要です。

また、固められる場所にはいない。

簡単に言うと密着しないということです。

強引に入ってくる人にはタイミングを読むこと、カウンターの技を使うことが大切です。

こう見ていくとレオの柔術がまさにパワーに対抗した柔術だということがわかります。

パワーではなく技術で勝ちたい方はぜひCHECKMATで柔術を始めてください!!