初めてブラジルに行ったときは怖かった。

だって行く前にガイドブックを読んだのだが

”ブラジルの路上で安全な場所はありません”

など治安の悪さを目にしていたからだ。

ブラジルで生活していてもとにかく警戒警戒!!

五感を研ぎ澄ませて歩いていた。

前から怪しい人が来たら反対側にわたったり、後ろから足音が聞こえたら、行く方向を変えたりとビビりまくっていた。

しかし、半年も過ぎるとそれも慣れて夜の11時過ぎくらいに練習から帰ってきてもビビらなくなっていた。

怖いのは変わらないが慣れるもんだ。

そのくらいの時期が本当は一番危険なのだが!!

日本に帰ってきたら一気に危機管理能力がなくなってしまった。日本は平和だ。

日系ブラジル人の方が言っていたが日本は平和ボケしている。

全くその通りだ。

このコロナ過でも夢の世界にいるような行動をとっている人が多い。

自分はかからない。

これは夢の世界でそのうち覚めるくらいに思っている人が多い。

日本は平和で守られている。しかしウィルスは容赦しない。危機をもう少し感じた方が良い

 

PexelsVijay Putraによる写真