僕の家族は妻と娘の3人家族。娘は中学二年生である。毎日学校から帰宅すると僕の仕事部屋に入り今日一日の学校の出来事をひと通り話すのが日課である。正直、仕事が立て込んでいたりすると、鬱陶しいときもあるが一応聞いてるフリだけでもする。

今日も帰宅していつもの通り僕の仕事部屋へ。「今日はエビやった。」いつもなら「ふーん、あっそう」と顔もみずに返していたんだけれど、今日はくいついてしまった。「何?エビって。」聞き返してしまった。そういえば、娘の通っている中学では体育の授業で女子も柔道が必須科目らしい。で、実際にやってみせてもらったら、あの「エビ」だった。僕が何年もやってきたあのエビ。上手く出来ないとか、疲れるとか笑いながらべちゃくちゃ。まさかエビで娘との会話がひろがるとは。。

一通りおしゃべりしたら、こちらのタイミングなどおかまいなしに、自分勝手にスマホをいじりはじめた。「なんだコイツ、人がまだ話している最中だろ。。。」と心のなかで呟きながらも、ちょっと嬉しい娘とのコミュニケーションの時間だった。

そして、いつか娘と一緒に柔術をできたら楽しいかもなぁ〜、なんて想像をしてみた。その時に備えて少しでも長く元気に柔術を続けていきたい、とまたひとつ目標もできた。ちなみに今のところは「無理っ!」とバッサリ切り捨てられているが。。。諦めませんよ、パパは。。。