小さい時はプロレスラーになりたかった。

中学ではUWFに憧れ、高校卒業して格闘技を始めた。

プロにもなれた。

21でブラジルに渡り柔術を学んだ。

そして今は柔術の先生で生きている。

プロレスラーにはなれなかったけどほぼ夢は叶った。

やりたいことが仕事になるということは幸せだ。

裕福ではないけど充実している。

やりたいことがあってありがたい。

もし何もやりたいことがない人がいたら、柔術をぜひ始めてほしい。

やること、ハマることがあると人生は楽しくなるから。

柔術は子供から50代60代まで楽しめる格闘技だからちょっとしたやる気があったら始められる。
 
敷居が低いけど一生続けられる奥深さがある。

ぜひ試して見てほしい。