年末にSASKEを見た。

 

SASUKEはいい。

 

何がいいって出場者全員が仲間なのがいい。

 

ライバル関係はあっても、こいつを倒してやろうというのがない。

 

格闘技とは違う。

 

また、SASUKEも他のスポーツと同じように専用の練習をしないと勝てなくなってきているのだなと思った。

 

MMAも最初はバックボーンの格闘技で勝てたけど、もうなかなか勝てない。最初からMMAの練習をした方が良い。

 

ジャンルとして確立されできたのだ。

 

SASUKEもそうだなと思う。

 

完全制覇したサスケ君も部活も入らずサスケの練習をして中学生で初出場している。

 

こういった人が増えてきて、専門家しか勝てなくなるのだろうと思う。

 

柔術も最近は子供の頃からやってきた子達が台頭してきている。

 

MMAも子供の頃から始めるようになってきた。

 

専門家しか勝てなくなってきた。当然のことなのかもしれないけど、大人になってから始めても世界を目指せる的な夢が無くなってきたという寂しさもある。