先週の土曜日も楽しかったMMAクラス。今回はローキック。格闘技に興味のない人でも一度くらいは耳にしたことのある有名なネーミング。相手の腿を蹴る低い位置の回し蹴り。空手なんかでは下段回し蹴りと呼ばれている。ハイやミドルに比べると見た目は地味だが、侮る勿れ。効き目は抜群、ちょー痛い蹴りである。

ただし、このローキック。きちんと入らなければダメージも半減、なかなか難しいテクニックである。軸足を相手の中心より外側に踏み込んで、サッカーボールを蹴るように相手の太腿に直角に蹴り落とす。頭ではわかっていても実際やってみるとバランスが難しい。力みすぎたり、上体が丸まってしまったり軸足がうまく使えていなかったりと、そう簡単にはいかないのだ。

ミットを一発、二発と蹴り、その都度、先生に修正してもらいまた一発、二発と繰り返す。タイミングや角度、スピードや力の緩急。緻密に計算されたテクニック。見た目は簡単そうに見えるが、きちんと教わらなければ絶対にできないローキック。強烈なローをお見舞いできるおじさんを目指して、これからも汗を流したい。使えるローキックを放てるように。

そしてこのあとは自分が下になり、相手の上からの攻撃をかわして柔術立ちをするという練習で、死んだ。。。。ローキック以上に難しい。。。。ぜんっぜん立ち上がれない。簡単そうに見えたのに……この話しの続きはまた次回のブログで!