練習で一番気を遣うのは大きい外人さんがいるときです。

新規入会者だったとしても出稽古の方だったとしても扱いが難しい。

命がけ

相手がいないのです。

できるだけ満足して帰っていただきたいのにほかの会員さんとサイズが合わないのです。

入会者なら友達をつれて来てもらったり募集したりしてどうにかできるのですが、急な出稽古の人は大変です。

特におじさん2~3人しかいないときの来られたら泣きそうになります。

私が相手しなくてはいけないのですが100kgを超える人が来るともう大変です。

怪我も怖いけどなめられるの嫌なのです!!

命を懸けるしかありません。

相手が黒帯ならやられても気にしないのですが、茶帯以下ならなおさら負けられないのです。

あきらめが肝心

急な大きい外人を迎え撃つには数人の大きい外人さんが会員にいることが良いのですが、なかなかそうもいきません。

でかい人が来てしまったらあきらめて頑張るしかないのです。