脂肪燃焼

フィジカルトレーニングを始めて一週間。徐々に筋肉もついてきて腕や胸囲も太くなってきたような気がする。
でもまだお腹周りとか、脂肪がたくさんついていて服がキツく感じる。僕のイメージでは、脂肪の下に筋肉が増えてきて、ただ上っ面の脂肪があるから「見えていないだけ」。脂肪を燃やして減らさなくては。日々のトレーニングではもちろん、脂肪燃焼にも役立ってはいるけれど、食生活でもさらに脂肪燃焼ができれば、完璧だ。以前なにかの情報番組で放送されていた「唐辛子の辛み主成分、カプサイシン」が脂肪燃焼に役立つというのを思い出し、スーパーへ唐辛子を買いに出掛けた。

店内で唐辛子を探していると、たまたま目に飛び込んできた物があった。レトルトカレーの辛さ20倍。唐辛子のアイコンがいくつも表示されている。「これは効きそうだな~」と即購入。しかも3箱。これは期待できそうだ。早速自宅のキッチンでお湯を沸かした鍋にレトルトカレー1袋を投入。本来なら2袋は平らげてしまうのだが、はじめてのテイストなので様子見で1袋だけ。温まるまで5分。その間、お皿にご飯を盛りつけ待機。キッチンタイマーが5分経過の音をピピッと鳴らす。早速カレーをライスにかける。思ったより量が少ないな。。。

実食一口目。うん。フツーに美味い。で、二口目。と同時に咽喉に激痛が!! 時間差でやってきた地獄のような辛み。水を飲んで流し込む。大量の汗が顔から吹き出す。。そして3口目、にいける筈も無い。はやくも戦意喪失。KOされた。以降は水を大量に飲みながら何とかお皿半分までは食べたが。…ここで断念。でも僕はフードロス削減派なので、残りをラップかけて冷蔵庫へ。そして昼夜の2食にわたりようやく完食。
結果、脂肪燃焼以前に口内に痛みや痺れの余韻が続き、食べれる量が激減したので体重は増えていない。でもこれは続けられない。食道や胃にも良くはないだろう。
結論。ダイエットに近道はない。トレーニングで健康的に脂肪を燃やすべし